マツシマ建築の和風住宅

木っと、いい家になる。

人生の半分以上を家づくりに費やす男、棟梁松島。
地元の木を愛し、地元の人を愛し、ご家族の将来を
真剣に考えるそのまなざしの向こうには、いつも10年、
20年後のその家の姿やその家に住む家族の姿が見えている。

家づくりが心から大好きだ。
だから、自信がある「木っと、いい家になる」そんな自信が。

代表棟梁
松島 卓弥

美しき、日本住宅・洗練された和の空間

そこには和風の家にしかない趣がある。堂々とそびえ立つ棟に重量感のある瓦に。

凛としたその美しさには計り知れない物がある。

本当は土壁のひび割れも木の変形も住む人に降りかかるはずだった害を家自体が吸収してくれている証。

家自体が家族の健康を守ってくれているのです。

そして、そんな和風住宅が
近年再び注目をあびてきております。

木を知れば、木の家に住みたくなる。
和を知れば、和の家に住みたくなる。
大工を知れば、大工の建てる家に住みたくなる。

そもそも同じ家を作るのにハウスメーカーさんや工務店と大工は何が違うの?

大工っていかつくて、
頑固そうで、怖そう。

そもそも同じ家を作るのにハウスメーカーさんや工務店と大工は何が違うの?

現代では家に使用する材料を工場で事前に加工を施し搬入する「プレカット」を採用しているハウスメーカーさんがほとんどです。
これにより、安定した品質、建築機関の短縮、人件費の抑制ができるようになりました。

しかし、昔は現場で大工が図面を元にして、柱や梁に墨付けを行い、木材の仕口や継手を手刻みで行っていました。一本一本の木の特性、表情に合わせ、機械にはできない微妙な調整が家には必要であり、マツシマ建築も同じ考えで仕事をしています。

マツシマ建築の事務所横には作業場があります。 ぜひ遊びに来てください!

大工って怖そうなんて思わないでくださいね。
ちょっと口下手なだけで(笑)家づくりが本当にだいすきな棟梁です。

お施主さんに、本当に本当に、何十年と、
住み心地いい家に住んでもらいたいから、その為に私も嫁も張り切っちゃいます。

ハウスメーカー、工務店、そしてマツシマ建築のような元請け大工。その違いは…。

ご覧頂いて分るように間に入る人が圧倒的に減るのと、
ショールームもなければTVコマーシャルなどの広告宣伝もしないマツシマ建築なら「家自体」にお金を多くかけることができます。
同じお金を払っても、「モデルルームの維持費」「営業マンの歩合」「広告宣伝費」などに使われていたら、ちょっと悲しいですよね・・。

そして、お客様が打ち合わせをするのは、営業マンではなく大工です。
家をつくる人間と直接打ち合わせをするので、お施主様の想いをダイレクトに受け止め反映することができます!

材木屋を介さずに木材の仕入れが可能!

こちらも合わせてご覧ください!

  • マツシマ建築のご提案
  • 棟梁の知恵袋
メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ

Copyright (C) マツシマ建築. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd アババイ.